のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS 大切なお話しです・・・

<<   作成日時 : 2013/02/13 21:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 18

画像
皆さん、こんばんは。
この数日間、記事にするかしないかで苦悩しましたが、大切なお話しなので載せます。

・・・辛いです。やりきれません。

先週の土曜日の夕方、僕らは4人で阿古の温泉下の磯に行きましたが、その際、ある地元釣り師の車とすれ違いました。
温泉下の磯でよく釣りをされている大ベテランで、その日もお一人で入磯されたようです。
画像
画像
(この画像はイメージです)
御存じのとおり、温泉下は「割間」「ワシ鼻」以外は玉網が届かないほど高い釣り場で、その方が入られたポイントも、非常に高さのある磯でした。

・・・お聞きした話では、転落されたのは準備中の時のようです。
竿はまだ伸ばしておらず、餌もそのまま残っていたとのこと。
悲しい海難事故でした。

皆さん!
磯釣りは、危険と隣合わせです。

@ なるべく単独行は避けましょう。

A 万が一転落した場合の登り方を必ず確認しましょう。

B 夜の磯釣りは避けましょう。

三宅島では、来島されたお客様が単独で磯釣りをする場合には、あらかじめ観光協会に届け出ることになっています。(客船到着時、港に観光協会の職員が待機しています。)

そして、何より、絶対に絶対に!
「ライフジャケットを着けて下さい!」
湾内の低磯でも、桟橋でも、絶対に守って下さい。

趣味に命を賭けてはダメです。
大切な人を悲しませないために、必ず守って下さいね。

僕も、ブログ記事の影響力が高まってから、磯の夜釣りを控えるようになりました。
もちろん夕まずめ釣りの帰路、ヘッドライトを頼りに帰ってくることはありますが・・・

今一度、安全対策を省みて、笑顔で帰れる釣りをしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
夢釣人さんの葛藤が手に取るようにわかります。
ぼくらの身を案じて、敢えて記事にしてくださったことに感謝いたします。
この記事を肝に命じ、安全対策を心がけます。
磯遊
2013/02/13 22:59
磯遊さん、こんばんは!
やはりここで皆さんに注意喚起しなくてはと、あえて記事に載せました。
他の地区の水難事故なども、ライジャケ着けていれば助かったケースがたくさんあります。
安全に対する意識、高めたいですね。
夢釣人
2013/02/13 23:26
本当に悲しい事故ですね。

僕の会社の部下で釣り仲間でもある男が、太海のフラワーセンター向かいの地磯で波にさらわれたことがありました。
新海荘という渡船屋に、今日は荒れているから渡船は出来ないと言われ、地磯に向かったようです。
その時もライフジャケットをつけておらず、遠くから見ていた人が、新海荘に連絡して、船で救助に向かったそうです。
行った時に、浪間に沈んでいくのが、見えたそうです。
船頭が飛び込んで、沈んでいく仲間を引き揚げ、人口呼吸をして救急車を呼んでくれました。
肺に水が入っていて、1ヶ月ほど入院しましたが、一命をとりとめました。
その後、流された釣り道具を一式買い揃えて、新海荘に通っていましたが、数年後には釣りをやめました。
一人釣行は怖いです。見ていた人が偶然いたこと、渡船屋が決死の覚悟で救助の船を出してくれたことが、命を救ってくれたのです。
夢釣人さんのいうとおり、趣味に命を賭けるのは絶対にダメです。
http://blog.livedoor.jp/bamboograsswood/
bamboo
2013/02/14 10:01
本当に悲しい事故が起きてしまいましたね…
夢釣人さんが、ブログで以前にもライフジャケット等について書かれていましたが、改めて、その重要性を考えさせられました。趣味に命をかけるのだけは、本当にダメです。
今回の記事は、今後も釣りを続けていく上で忘れてはいけない出来事だと思いました。
夢釣人さん、相当悩まれたと思いますが、同じ悲劇を起こさない為にも、今回の出来事を教えて頂きましてありがとうございます。
こっひー(兄)
2013/02/14 20:23
bambooさん!
海難事故はマイナスイメージだからどうしても隠したがるんですが、今回は教訓にして安全な釣りを誓おうと決めました。
会社の方、かなりギリギリの生還だったようですね。
とにかくライフジャケットやスパイク靴の着用など、できる限りの安全対策と、複数での行動がキモかな?と思います。
夢釣人
2013/02/14 20:27
こっひー(兄)さん!
これからお子さんを連れて行くようになると、自分とお子さんの安全対策ですからね。
頑張りましょう。

ライジャケの実験なども、また企画しようと思います。
危険を冒しての20尾より、のんびりと余裕をもって、笑顔で楽しく釣る1尾の方が遥かに想い出深いことを、読者の皆様は解ってくださると思います。

安全で楽しい釣りを目指しましょうね。
夢釣人
2013/02/14 20:41
かつて日本海沖中部地震があったとき、
海岸沿いの多くの方たちが亡くなられました。
  遠足に来ていた小学生も。
釣り人も・・・。
当時、ライフジャケット、磯用ブーツも一部の人しか着用しませんでしたが今は各方面の推進により当たり前の装備になりました。(私も初期は普段着で釣に行きました)
皆で、万が一のための備えを行えればと思います。
  ・・・磯でのビールも止めました。
万が一のリスクを減らしながら楽しんでます。
akaumi
2013/02/14 21:36
akaumiさん!
あのとき、秋田の海岸で十数名の小学生が亡くなりましたよね。
穏やかな砂浜海岸でも大災害が起きるのですから、磯釣りは本当に危険なレジャーです。
慎重に、臆病に、余裕をもって楽しみたいものです。
夢釣人
2013/02/14 22:18
悲しい事故があったんですね。
磯釣りは常に事故と隣り合わせって感じですから。
僕も長年やってますが、これからも安全第一で楽しみたいもんですね。
なりなり@九州磯釣師
2013/02/15 22:50
こんばんわ〜。
こないだの事故、釣りされる前だったんですね・・・。
ベテラン釣り師になると多少の危険な状況にも対応できると思い込んでかえって危険な目にあう場合があると思うんです。
キャリアが油断につながるんですね〜。
でも本当のベテランさん(沖山さんとか)はびっくりするほど慎重だし、安全に対する考え方にブレがないんですよね。
趣味に命かけちゃダメっすよね。


今日、東海汽船・・・欠航になっちゃいました・・・

とっても残念です。

よく磯釣りで危ない経験した話を武勇伝みたいに話すことがありますが・・・

こうゆう事故が身近に起きると考えを改めなきゃいけないですね。

僕は釣りに命ではなくお金をかけますので

夢釣人さんは夢をかけて下さいね〜
木端釣り師
2013/02/15 23:23
なりなり@九州磯釣師さん!
今、僕らにできることは、いつでもどこでも、海難事故に遭わないよう万全を期することです。
ライジャケの着用などの布教活動を、三宅島以外の釣り場でもお願いしますね。

そうそう、来週楽しみにお待ちしています。
他のメンバーにもよろしくお伝え下さい。

夢釣人
2013/02/16 01:34
木っ端釣り師さん!
そうだったみたいです。
僕らが午前中タイ根で苦戦しているとき、たぶん数百メートル圏に・・・そう思うと辛いですよ。
ただ、皆さんのご尽力で発見できたことは良かったのかな?とも思います。
僕が釣るのは夢とサンノジだけですから、安全第一は変わりません。大丈夫です。

さて、今夜の欠航には驚きました。
着発だと思っていたんです。
木っ端さんとの釣りが1日延びたので、夜ふかししています。
明日は凪ぎそうですので、三本岳に行けるといいですね!
夢釣人
2013/02/16 01:42
来週先輩と2人で行きますので、よろしくお願いします!
木っ端さんにもお会いできたらうれしいです♪
なりなり@九州磯釣師
2013/02/16 15:05
途中まで書いたコメントが今何かの拍子で消えちゃったので
もし2重投稿になってたらすみませんm(_ _)m

Aの「登り方を確認する」はなるほど!と思いました。
私も、海が荒れてる時はいちおうシュミレーションしてみるんですが毎回ではないので・・・
本当に落ちた時に、一度シュミレーションしておいたらきっと全然冷静さが違いますよね!

知り合いの方が事故にあわれたのは本当にお辛いと思いますが、
それでも自分にも起こりえることだと心にとめておいて、
できるだけの備えはして、安全で楽しく釣りをしたいですね!
めじなの瞳
2013/02/16 18:08
なりなり@九州磯釣師さん!
了解しました。
木っ端さんとは明日会いますので、来週も来るよう誘惑しておきます。
夢釣人
2013/02/16 20:00
めじなの瞳さん!
落水時シュミレーションは、やっているのといないのでは、全然余裕が違います。
すごく大事ですよ。
瞳さんは大島で夜釣りをする可能性がありますから、いろいろな安全対策を講じて下さいね。

フィッシングショー行きますか?
今年は三宅島のブースが出ますよ。
夢釣人トークショーもあります(それは嘘)
夢釣人
2013/02/16 20:10
初めてコメントしますが、時々 おじゃましてます。 本当に最低限度の事ですね 佐渡島でもベテラン釣り人がイカ釣りにでかけて。。。。いつも危険と隣り合わせと言う事を考えて、楽しい釣りをしたいものです
キタさん
2013/02/17 07:19
キタさん!
はじめまして。夢釣人でございます。
・・・おっしゃる通り、地元の人がライフジャケットを着けないんですよ。困ったもんです。
もちろん釣りは自己責任ですから、我々が批判したり着用を強要できませんが、本日は波が高く、僕も5発のシャワーを被りましたが、近くのジモティ2名はライジャケ未着用でした。
この記事で転落した場所の2つ隣の磯で、1週間しかたっていないのに、なぜ着けないのか不思議です。

このブログを読んで下さっている皆さんは、たとえ淡水池でも水辺に行く時は安全対策を万全にお願いします。

またコメントして下さい。
よろしくお願いします。
夢釣人
2013/02/17 18:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
大切なお話しです・・・ のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる