のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夏の三宅島は暑く熱い(後編)

<<   作成日時 : 2012/07/19 20:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
こんばんは。後編でございます。
日中は暑くて、釣りは危険です(笑)

なので、夢釣人の基本的な休日スケジュールは、午前中「ゴロゴロ」、昼頃「買い物」、午後「大久保浜スイム&天然岩盤浴」
画像
この玉石が程良く温められて、非常〜に心地よいのです。

その後、夕方17頃から19時頃まで短時間の磯釣りをする感じです。
(平日行くときは、18時から19時の1時間勝負です!)

16日の休日は、釣友が三本岳で疲れちゃったので夕マズメは不参加。一人で伊豆下の磯へ・・・
画像
海と空のコントラストが実に気持イイです。

沖合いはピラニア(シラコダイ)が多く、付け餌が秒殺なので、ウキ下1mで、超磯際を狙い打ちました。
画像
メジナは35cm級が2尾、
画像
そして、待望の大イサキ!メタボすぎて、体高の低いイスズミかと思いました。
釣友と半身づつ食べましたが、お刺身が美味しかったです。(釣友は塩焼きが美味しかったとのこと・・・)

もちろん、大型のイスズミは何度も竿を絞り込みましたが、画像省略!

17日は放課後の1時間勝負で、釣友と行って来ました。
画像
のっけからデカイスズミの引き込みに翻弄されましたが、1度だけ「アレ?」っと小さな声が聞こえ、振り向くと・・・
画像
キープサイズの尾長メジナを抜きあげたところでした。

たぶんこの男は、尾長メジナの引きを、「優しい引きのイスズミだな〜」と思っていたに違いありません(笑)
超浅場だと、魚が真横にダッシュするので、魚種を確定できない場合が多いんです。

一方の夢釣人は、リリースサイズのメジナを数尾。イサキは釣れず、デカイスズミを二人して取り込んだ段階で、体力消耗でギブアップ・・・早めに納竿しました。

そして翌18日には、いつもの磯「ミズタマリ」にホテル海楽の関支配人が仁王立ち(笑)していたため、18時頃「井戸下」の磯に1人で入りました。
画像
左からの波と流れが強く、仕掛けが安定しません。
この時期、大抵の釣り人は、少し沖目のポイントに仕掛けを投入します。(画像のとおり、いかにも釣れそうなポイントですからね。)
でも、その仕掛けがなじむ前に、大抵はシラコダイにオキアミを「秒殺」されています。

冗談ではなく、この沖目ポイントに流し込むなら、手返しは30秒、15秒、5秒・・・と短縮して、何秒でエサを取られるか確認しておかないと、ほとんどの時間をカラ針で過ごすことになります(笑)

お勧めの釣り方は、ズバリ「磯際で仕掛けを立てる」方法です。
画像
ガン玉段打ちなどで、ヨタ波が来る前に、仕掛けを立ててタナを直撃します。餌取られるし、暗礁に引っかかるので、ウキは流しません。

磯際で張る・緩めるを繰り返して、仕掛けを「スティ」させちゃいます。
(自分以外にこんな釣り方をしている人はいませんが・・・)
画像
画像
この釣り方で、良型イスズミを連釣し、35cm級の尾長メジナまで釣れて来ました。やはり、シラコダイは磯際は苦手のようです。(もちろん磯際にもベラなどの餌取りはいますが、シラコダイほどは秒殺ではないです。)

そのうち、この磯際作戦でも、仕掛けが沖に払い出し始め、シラコダイの餌食に!
作戦の練り直しです。

【変更点】
◎環付きウキ2B&小ガン玉2個→中通しウキ2号&ガン玉大・中を4段打ち(笑)
◎磯際1m以内狙い→磯際から更に切れ込んだ溝の中に投入〜

作戦が当たると、実に気持ちいいですね。
数尾のイスズミを取り込んだ後、物凄い引き込みと真横への疾走で、
画像
大・大満足の46cm尾長メジナをゲットしました(嬉)

こんなポイントです。
画像
間口50cmほどのこの切れ込みの中で、どうして食ってくるのか不思議ですが、たぶん水面下で大きくえぐれているのではないでしょうか?
まるで「カサゴの穴釣り」ですが、こんな発想の転換も釣りの面白さですね。

【仕掛け概要】
竿  D社大島磯2号530(本流タイプ)
リール S社BB-XデスピナC3000DXC
道糸 ウルトラダイニーマ3号(PE)
ハリス フロロ7号1.0m
ウキ アウラ環付き 2B→中通し2号
ハリ オーナー南方グレ太地 11号

この超浅場の磯際狙いゲーム、凄くエキサイティングで面白いです。
仕掛けの操作を誤まると、すぐに波でウキが上陸しちゃいますから(笑)

でも、簡単で良く釣れるので、一度試してみて下さいね。

では、また (o・・o)/~

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
夢釣人さん、またすごい釣りしていますね。
ぼくなら、真っ先に沖目を軽い仕掛けで釣り、足元の溝は帰るまで気付かないと思います。
幅50センチの溝にも、こんな大きなメジナが住んでいるんですね。
磯遊
2012/07/20 20:52
磯遊さん、こんばんは!
今回の切れ込んだ溝は、僕も普段見逃していました。
オキアミを500gくらいしか持って行かなかったため、明るいうちに勝負を掛けなくてはならず、シラコダイの猛攻を交わすには、これしか無いかと。

磯で釣りあげたメジナを潮だまりに放すと、口太も尾長も、必ず狭い溝に入り込みます。
何度か、玉網を横にしても入らないくらい狭い溝に張り付いて回収不能になった経験から、かなりの確率で良型が溝に入り込んでいると確信していました。

ただ、この釣り方では数は望めませんから、最後の手段とお考え下さいね。
夢釣人
2012/07/20 21:44
一日目のメタボイサキは、美味しそうです。
刺身よし塩焼きよし煮付けよし、ですね。
三日目の磯際釣りは、まるで堤防の黒鯛
落とし込み釣りのようで、磯でこれを
やるのは、かなり難しそうですね。
しかし、狙い通りのサイズのオナガを
釣り上げるのは、さすがです。
http://blog.livedoor.jp/bamboograsswood/
bamboo
2012/07/24 19:02
bambooさん!
イサキ、炙りも食べたのですが美味しいかったです。
早く次が釣りたいです。

この磯際釣法、日曜日の仕掛けでは、遂に「口錘」・・・つまり、針上0cm(つまりチモト!)にガン玉を打っちゃいました。
竿先も海中に入れて、完全なチヌの落とし込み釣り(笑)これで45cmアップの「尾長メジナ」が釣れたことにこそ意味があります。
この磯の割れ目は、誰も注目しなかったポイントなので「夢クレバス」とか、命名していいかな(笑)
次は、荒磯ダンゴ釣り?
教科書に書いていない釣りは面白いですよ!
夢釣人
2012/07/24 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夏の三宅島は暑く熱い(後編)  のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる