のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS そなたが探しているのは金色の・・・?

<<   作成日時 : 2018/05/29 12:34  

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
皆さん、こんにちは!
最近三宅島のトピックスが無くて、また真鯛ネタですが、4ヶ月ぶりの夢釣人です。(実はGW前半に三宅島に行きましたが、竿出すチャンスがほとんどありませんでした。)

話は、5月20日の日曜日にさかのぼります。
今期絶好調の東京湾乗っ込み真鯛を狙うべく、富浦の共栄丸に釣行したのですが、この船宿は実績ピカイチ、しかも船長が気配りと優しさに満ち溢れて(ステマではない!)、超人気の船宿でして、休日の予約は相当前から入れておく必要があります。
画像
画像
(僕ら「沖釣り戦隊」なのですね!)しかも、前日の土曜日が息子さんの運動会で臨時休業(海はシケ!)だったので、この日にお客さんが集中〜
深夜1時半に着くも、前泊の方が多く、ほとんどの席が埋まっていて、前から4番目・後ろから5番目とほぼ胴の間しか残っていません。長ハリスでのオマツリ不可避な憂鬱席でしたが、朝一、素晴らしい引きで3.1kgの精悍なオス鯛をゲット!
画像
ただ、その後は昼の納竿時間まで後続無しでした。
そして1時半、午後の部に突入〜午後船は予約順に座席選択権があり、
画像
1番で予約した夢釣人は、左の最後部をゲット!ただ、このとき船長が「えっ?」という表情を浮かべた瞬間を見逃さなかったですよ!はは〜ん、これは前が有利と見ているな。船長は(笑)
ヤバイです。泣きそうです。
ただ、じっくりと大きな鯛を狙うには、最後尾が向いている気がしたのと、後半間に合えば一番有利な潮流の向きになると自分を信じて、覚悟を決めました。
・・・結果、早い時間に900gのおいしそうなサイズが来て、その後大事件が起きます。
画像
置き竿がチョン!
竿持ったらギューン!
間髪入れずにスプールから道糸がビューン!
「遂に来たぁぁぁ〜!」

時間を掛けて慎重に・・・4kg超の大鯛に間違いないぞ。
船長も横で玉網を構えて。ハリスを手繰ったら・・・
えぇぇぇっ〜!ただのイナダじゃん。その瞬間、トイレで「大」をしていた方が、流す→あたり一面にう〇ちが漂ったー!そのなかで掬われたイナダは・・・あたかも・・・

(女神様)「そなたが探しているのはこの金色のイナダですか?」
(夢釣人)「いえ。探しているのは、ごく普通の真鯛です。」

本当に恥ずかしくて、入る穴も無く、泣きながらひた向きに釣り続けたら
画像
画像
すぐに2kg級の綺麗な真鯛を連釣、
画像
最後に1.7kgを加え、4枚ではありますが、なんと午後便の竿頭となりました!
画像
(女神様ありがと〜)

で、25日の金曜日!早くから新潟の能生港に予約を入れてた遠征が、ピンポイント時化で直前中止!
やっと叶えた平日釣行・・・メッセンジャーで助けを求めたのは、やはり共栄丸の船長〜頼りになります。

午前便は前回と同様、深夜到着でも胴の間しか取れず、あろうことか1打数1バラシで終了〜

と、ここで整理。
@ 結構食い込みが悪い。針元がザラ付いていたので、しっかり口の中に入っているのに、20m上げたところで、ポロリ・・・今年はこの傾向が続いている。早合わせや雑なヤリトリはダメ。
A 南西の強風下、少し海が悪い。誘いすぎはNGであろう。
B 潮がかなり速そうだが、動かないよりはずっといい。

ただ、前日の夜に予約したので、午後便といえども四隅には入れず。
まっ、片舷4人だから、右前から2番目で上等でしょう。

ポイント着きました。
はい!当たりました。2.4kgの素晴らしいメスの真鯛。
しばらくして、1.7kgを追加。
当たり前のように良型が釣れてくるのが富浦沖の凄さです。

なんとか午前中のリベンジを果たせて、リズミカルに曲がる置き竿の先をぼんやり眺めていると、いきなりドーンと竿が根元から曲がり、同時にフォースマスターから「チィィィ〜ッ!」っと音を立てて道糸がバンバン出て行きます。
こんなときは、慌てず竿を立てて止まるのを待ちます。

50mの指示ダナで掛けたのに、やっと止まったときカウンターは85mを指していましたから、70m弱の水深を優に超えていますので、ここからの約30m程の巻上げが最大の勝負ポイント!
走りが止まったところで、竿の弾力とクッションゴムの特性を利用し、ジワ〜っと必ず合せておきます。さもないと、高い確率でポロリと針が外れます。
コマセ真鯛は向こう合せが基本!というのは、大鯛には通用しません。顎の硬さが半端ないので。午前中のバラシの原因も合わせ不足だと思います。

速い潮流の影響もあり、とんでもなく強くてスピード感のある引きで、ひょっとすると超大鯛かもと、慎重に慎重に、一進一退の攻防を続けた結果、約10分で水面まで来た魚は、ハリスを手繰っても大鯛のように浮くことなく、船下へ!しかも、まだ引いているし!
「まさか金のイナダのお兄ちゃんか?」
・・・そんなわけ無いよ!真鯛の引きだったもん。

(女神様)「そなたは正直だから、探していた普通の真鯛を進呈しよう〜」
(夢釣人)「ありがとうござい・・・!!って、これ、普通じゃないでしょう?」
画像
横たわる精悍な野武士のようなオスの大鯛は、後検量78cm・6.5kg!
真鯛とイナダを間違えても、やるときはヤルのです。
基本、やらないときが多いですが(笑)
画像
画像
いや〜、楽しかった〜。速い潮流れに乗ったオスの大鯛のメチャ強い引きを、これでもかと堪能しました。

では、また!

【仕掛概要】
竿 遠里釣具オリジナル「サモトラケ」超軟調280
リール FORCEMASTER1000MKHD
道糸 PE4号200m
ハリス 6号×6m&4号×5m計11m
針 閂マダイ10号(ケイムラ)
クッション 1.75mm×1m
カゴ ステンカンM-80号(20日はサニービシL80)
画像
今までサンラインのVハードを使用し、メーター超シマアジや大鯛を釣り上げて来ましたが、100m巻きの価格が上昇してしまい、沖釣りテスター就任の話も一向に来ないので(笑)、ここらで決別します。
ということで、これからはダイヤフィッシングのジョイナー!
安くて強い!!
超おしゃれな陸上選手じゃないよ〜!
大手の釣り糸メーカーもうかうかしてられない時代ですなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
三宅島以外の記事だと、コメントが少ないですね。
これを読んでるリピーター事態が磯釣り師ということでしょうか(笑)
何はともあれ、マダイダービー4位入賞おめでとうございます。でも、私の参加していない大会だから(まけおしみ)
ジョイナー探したけどJ屋にはなくて、BB柏にあった。んん…、ちょっと色が。今はサンラインの船釣り用の赤いハリス。どっちがいいのか、今度会った時に10m分だけください。(笑)
ジョー
2018/06/09 22:14
どーもです。
最初の数日間に三桁の閲覧というのは、昔と変わらないんですが、コメンテーターが一部がFBに移行、大部分は三宅島磯釣り関連待ちみたいです。確かに(笑)
ジョイナーはブラウンカラーが売りですし、ダイワやサンラインのピンク色も捨てがたいですね。
上ハリス、サンライン赤船6号、元ハリス、サンラインVハード4号というのが最高!
経済性でダイワピンク6号&ジョイナー4号かな?
どうぞどうぞ、使ってみて下さい。
夢釣人
2018/06/14 00:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
そなたが探しているのは金色の・・・? のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる