のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンチャンス!

<<   作成日時 : 2017/04/26 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
皆さん、こんばんは。
ほぼ毎週海上生活のイメージの、夢釣人です。
今年は1〜4月で14回乗船しています(汗)

今回も22日の土曜日に行って参りましたよ、先週に引き続き、千葉県富浦港「共栄丸」
画像
しかも午前・午後通しで!
先週初真鯛ゲットの木っ端釣り師さんは、本業が相当忙しそうなので、さすがに2週連続は難しいだろうと、単独で予約しましたが、どうも渋谷系のあの人が午後参戦してきそうです(笑)
理想は、僕が午前中に釣った良型の写真撮影を見せ付ける!
最悪は、午前中撃沈で笑われる!
さて、どっちになるでしょうか?

朝5時、穏やかな気候の中、船は静かに15分ほど走ったポイントを目指します。
画像
大時化の先週とは全く違う海況で、特に前半は「無波」(笑)
画像
ゴムボートやカヤックが横を流してますが、これ港内じゃないですからね。
陸から1キロ以上沖合いの真鯛ポイントでこの穏やかさ。
不忍池のボートの方が揺れる感じかも。
いわゆる凪倒れですね。潮も流れないから、当たりも来ないし、餌取りすら低活性。
頭も身体も使い切って、ヘトヘトになりつつも、午前中の当たりは「0」
ウミタナゴより小さい稚魚真鯛は1枚掛かりましたが、そ〜っとお帰りいただきました。
撃沈!ゲ・キ・チ・ンです。

さて、午後船は13時出船。ここで渋谷系オヤジが合流しました。
画像
頭にサンスイの帽子、道具入れには上州屋のステッカー!
あと、タックルベリーのグッズ持てば(あるのか?)、渋谷駅南口御三家ですね(笑)
「エネルギー残量0なので、肉を」と事前にお願いして、牛丼買ってきてもらいました。
・・・これで生き返りました〜!ありがとうございます。このご恩は一生忘れません。
それにしても、この笑顔。いいですね〜 素晴らしいです。

午後の釣り座は予約順ですが、なぜかこの船宿の常連さんは、皆さんミヨシに行きたがります。
夢釣人の釣座コンピュータは「右舷ならどこでもいい」と答えを弾き出していましたので、常連さんとかち合わない「右トモ」に二人で並びました。

そして期待の第1投・・・以後、ずっと、ずっと沈黙。何故だ〜
コマセの振り方、誘い方、入れ替えインターバルなど、決め細やかに工夫しても、江戸時代の薬屋のようなたくさんの引き出しを試してみても「沈黙」
反対側で盛り上がり無く上がったらしい小型1枚のまま終了してしまいそうと、悲壮感が漂い始めたまづめ時、奇妙な現象に気づきました。
隣のJさんは、10mのノーマル仕掛けですが、毎回餌を取られて、ついに必釣アイテムの赤い蛍光玉を外しています。
一方で、
画像
針上2mに−Gガン玉を付けた仕掛けの夢釣人は、1時間に1回くらいしか齧られません。
この違いは何でしょう。Jさんは指示ダナ30mでこまめに誘う釣り、夢釣人はガン玉の重さで針付き沖アミを強制的に落としこむ釣り・・・!
仕掛けが自然に漂うJさんの方が、タナに針が入るまで遥かに時間がかかります。
「分かった!」
指示ダナは30mですが、おそらく餌取りは30〜35mにたくさんいて、針位置40mの真鯛のタナにはそんなに多くいない。もちろん仮説ですが、船中の誰にも食って来ないということは、ノーマル仕掛けで自然に漂わせる「スローフォール」が、今日は通用しないということのようです。
こうなりゃ、釣り方はこれだね(笑)
・針の近くにいるのは真鯛だけだ。蛍光玉は付けろ!
・餌取りの層を素早く通過させ、ガン玉で強制的に沈めろ!
・35mでちょっと待ち、十分針が沈んでから、35mだけでコマセを振り30mまで静か〜に巻け。
ここまで実践して、この時点では針付き沖アミは水深40m付近にあります。
ここから、静かに、背伸びするくらい大きく誘い上げ、すぐに元に戻して置竿に・・・これを何度か繰り返すと、針付きの沖アミは、ガン玉を支点に36〜40mのナチュラルフォールを繰り返します。
結果は、すぐに出ました。

置き竿にごく小さなシグナルが出ました。
この魚は、まだ38m付近をフォール中の餌を食いました。
しかし、反転しない。咥えたままゆっくり泳いでいるのでしょう。
たぶん、まだ気づいていない(笑)
こんなとき、大きく強い合わせは絶対にダメです。スッポ抜けるか、口元のウロコだけが釣れて来るパターンです。
やることは1つ。
そっと1mくらい巻きます。魚の気配を感じたら、ゴムクッションの弾力を利用して、ジワ〜っと合わせます。
案の定、その時点で真鯛特有の引きが来ました。
ハリスは4号、大丈夫!心配なのは掛かりの浅さと口切れです。
でも、船全体でもラストチャンス。本日午前・午後と乗船した多数のお客さんの中で、唯一の良型ですから、バラす訳にはいかないのです。
慎重に慎重に。この真鯛は途中で青物のような走りを見せ、最後の取り込みでも一度ビシを離して5mほど走らせました。スタミナ満点、最高のファイターでした。

画像
いや〜。息を呑むほどに美しいメスの真鯛で、遠くから2キロ台?との声も掛かりましたが、もうちょっとありそうなので、長さを計ると60cm超え!後検量3.2kgの美人さんでした。大満足でございます。

心配したとおり、唇に浅めに掛かっていました。
画像
これより浅いとバレましたね。

この後、残された時間を全力で頑張りましたが、アタリの無いまま無常のタイムアップとなりました。

それにしても面白い推理ゲームでした。
まさに「勝負は一瞬!」

GWは三宅島です。
船釣りもやる予定です。当然15kgの真鯛を狙います。

【仕掛概要】
竿 遠里釣具オリジナル「パグマイヨ」60-270
リール FORCEMASTER1000MKHD
道糸 PE4号200m
ハリス 6号×6m&4号×5m計11m
針 閂真鯛9号
クッション 1.5mm×1m
カゴ ステンカンM-80号

それでは、また!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いやあ、結果、釣れてよかったですね。
あのまま、戦中0!撃沈!!でしたもんね(笑)
やはり、遠方からのお客さんには優しい千葉の海でした。乗っ込みはまだまだ続いております。
何とか両手で抱えるお魚を釣りたいですね。!
ジョー
2017/04/26 17:54
恐縮です。
ありがとうございました。
まだ真っ黒な雄が少ないので、これからが本番でしょう。
とりあえず次回は、お一人ですが頑張って下さいねo(^-^)o
夢釣人
2017/04/26 20:22
今頃は三宅島ですね。磯釣り?船釣りもありでしょうか。
本日、前回のリベンジで共栄丸へ行ってまいりました。
なんと、哀川翔さんが来てました。日刊スポーツの取材?朝一で石鯛、後半に真鯛を釣っておりました。
わたくしはというと、上りの12時半までに、アジを3匹のみ!これで終わったと思ったら、30分延長!(正直取材クルーの釣果があまりにも悪かったようで…。
この時間帯に1.6kg、さらに周りもぽつぽつ、なので、再度15分の延長!この再延長の時間帯に1.4kgを追加。とりあえずは前回のリベンジはできたかと(笑)
しかし、今回はめちゃ渋かったですよ。
またご一緒できたら、木っ端さんも誘って。(笑)
ジョー
2017/05/02 20:35
1.6&1.4kg!!
ジョーさん、良かったですね。
今、富浦沖は食い渋り期間に入っていますから、上出来です。記事として出ましたか?
お蔵入りは困りますよね。

三宅島の船釣りですが、アオダイは過去一番釣れました。メジナは若干、ウメイロはそこそこ。
毎回確実に入れ物足りなくなりますから、やはり濃いですよね。
あそこは3m2本針がベストっぽいですね。

のちほど記事をアップします。
夢釣人
2017/05/08 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワンチャンス! のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる