のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉の真鯛に誘われて!

<<   作成日時 : 2017/04/10 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
皆さん、こんばんは。
最近船釣りの伝道師みたいな夢釣人でございます。
毎回「10キロ超えの真鯛狙い」と宣言しつつ、意に反して美味しいサイズばかりを揃える!夢釣人に触発されたのか、千葉県在住、三宅島磯釣り重鎮のジョーさんに声を掛けていただいたので、同じく千葉県在住で三宅島磯釣り大会優勝・入賞常連の木っ端釣り師さんを巻き込み、3月25日にアウェーではありますが、富浦港の共栄丸にデビューして参りました。

もともと洲崎を交わした西川名港や手前の保田港の船には何度も乗っているので、土地勘も海勘もあるのですが、
画像
画像
共栄丸は以前「第三共栄丸」として、渡船メインで営業されていたと記憶していて、しかも真鯛の乗合船は早期から「海面からの棚取り」を徹底し、まだまだ東京湾や相模湾の「海底からの棚取り」が滲みこんだ自分にとっては、「気になる船宿」だけど、敷居が高いと思い込んでいました。(今では海面からの棚取り以外考えられませんが。)
いつも予約で一杯になる、人気の船宿ですが、船釣りにも造詣が深いジョーさんの常宿なので、不安なくデビューできました。

相模原からは、16号〜保土ヶ谷バイパス〜首都高湾岸線〜アクアライン〜館山道で、2時間もあれば着きますが、工事や事故渋滞も見越し2時に出ました。下田行くよりは近いですね。
外気温3℃、風速は鶴見つばさ橋で9M、アクアラインで7M。「風が強めで寒い」釣りになりそうです。
館山道終点横のローソンで、合流した木っ端さんに「あれ?朝ご飯とおやつ買わないのですか?」と尋ねたら、「船酔いするから固形物は無理!」だって。
あなた、三本岳とか神子元島の渡船で酔ったことないでしょう?これだから磯釣り師は不思議!皆さん口を揃えて、「渡船は大丈夫だが船釣りは絶対無理」とおっしゃいます。

さて共栄丸、
画像
船は新しくてデカく、船長は気さくで優しく、綺麗なタオルや座布団まで用意してくれて、至れり尽くせり。
沖アミは3kg付いて来ますが、最初1.5kgが用意されており、残量を見て、残りの1.5kgブロックを船のクーラーBOXから自分で補充するシステムです。
付け餌も今の時期はコマセから拾えますので、特に持参する必要はありません。
コマセが3kgなので、FLサイズのステンカンが一番使いやすい気がします。
剣崎沖ほどではないですが、絞り気味のコマセワークを推奨されるので、通常3kg以上使うことは無いと思われます。
ただ、これは経験上の話ですが、実は僕、コマセの沖アミの出方をコントロールするために、コマセ桶の中をハサミでチョキチョキして、半分に切断した沖アミを混ぜて使います。
で、釣れた真鯛を捌いてみると、かなりの確率で、その切断沖アミが大量に出てきます。
従って、全体量は少なめでも「自分の針元にコマセを効かす」行為は絶対に必要だと思います。潮流や釣り座の関係で、それが3kgでは難しいこともあるので、僕自身は予備の3kgを必ず持参しています。(今回は使いませんでしたが。)
本当は1.5kgで十分なのですが750円!3kgが950円!
何でしょうね。このおかしな価格設定(汗)

さて、実釣ですが、船長からの棚指示は海面から30〜50mが多く、
画像
画像
忠実で丁寧な棚あわせと静か〜な誘いを怠らない人に当たりが多い感じでした。
胴の間で木っ端さんのサポートをする夢釣人、船長がアクセサリー外しを勧める中、自信のfujiベイトαビーズを最初から装着し、誘い誘って、
画像
1.4kgのまん丸な良型乗っ込み鯛をゲット!(保険真鯛)
画像
ほぼ同時に掛けたジョーさんも無事にゲット!
間に挟まれた木っ端さん、
画像
すでに少し焦り気味。
そりゃそうでしょう。
三宅島の磯釣りなどでは、スタートダッシュで逃げ切るケースが多いですからね。

夢釣人の2枚目は600g級。
続いて、餌取りがおとなしいので、少し置き竿時間を長めにして、隣の常連さんと談笑しているとき「スコーン!」と気持ちよく竿が入った3枚目は、
画像
素晴らしい引きの1.85kgのスーパー美人さん!
大々満足でございます。やはり真鯛は2s前後が一番美しく小気味いい引きを楽しめます。

結果、まだ乗込みのハシリということで、残念ながら船中で大型の当たりはありませんでしたが、それなりに数は出て、ジョーさん、怒涛の6枚竿頭!
画像
(画像は共栄丸HPより拝借)
さすがに共栄丸を常宿にしているだけあって強かったです。
木っ端さんは、次回に初真鯛をキャリーオーバー(笑)、保険真鯛が木っ端さんのクーラーボックスに移動しました。
夢釣人の釣果は平均的な3枚でしたが、1.4kgと1.85kgに加え、超美味な良型マアジも6尾釣って、非常に満足な釣りとなりました。
画像
(画像は共栄丸HPより拝借)

ということで、真鯛の食いがひと段落している下田沖を休んでの千葉の真鯛釣りでしたが、次回は4月15日に再戦決定!
今度こそ、
画像
木っ端さんの真鯛持ち画像を撮りたいと思います(笑)

【木っ端さんの仕掛概要】
竿 遠里釣具オリジナル「パグマイヨ」60-270
リール FORCEMASTER1000MKHD
道糸 PE4号200m
ハリス 6号×5m&4号×5m 計10m
針 真鯛10号
クッション 1.5mm×1m
カゴ サニービシL-80号

では、また!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
夢釣人さん、前回は遠路はるばる来ていただきありがとうございました。初めての釣船も気に入っていただいたようで、よかったです。
今週は、前回のリベンジで同じメンバーとなりますが、よろしくお願いします。できれば3kg程度は確保したいところでございます。お待ちしております。(笑)
ジョー
2017/04/11 22:36
ジョーさん!
掬いますよ〜任せて下さい!
富浦の真鯛やアジは本当に美味しいですよ。
さて、誰に大鯛が当たるかな?
楽しみですね。
よろしくお願いします。
夢釣人
2017/04/12 00:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
千葉の真鯛に誘われて! のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる