のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンタッチコマセカゴ「球」

<<   作成日時 : 2013/05/20 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
皆さんこんばんは。
今年の5月は休日の天候とナギに恵まれ、この土日も三本岳に行って来ましたよ。

では、まずは木曜日の放課後フィッシングから。

あまり時間もなく、オキアミもないので、6月以降の本命場所「伊豆岬」に付け餌1パックだけ持って行きました。
画像
画像
バッカンの中身はこれだけ(笑)
これでメジナが釣れたら、餌屋さんは干上がっちゃいますが、まだ時期尚早なのか、イスズミすら釣れず完敗でした。

翌金曜日の放課後は、前日の反省から、若干のオキアミを小タッパーで持参し、
画像
ワンタッチコマセカゴ「球」で釣ってみました。(丸いタッパーだと釣りっぽくないでしょう?)
今回は、めじなの瞳さん推奨の「中に錘を入れるバージョン」で、ハサミで適当に刻んだオキアミに、配合を多めに振りかけます。(面倒なので混ぜません。余ったら再冷凍しても大丈夫です。)
画像
いつものポイントのワシ鼻に着くと、何と穏やかなことでしょう。
画像
波0m、干潮で潮位が低く、底の玉石がクッキリと丸見えで、さすがのワシ鼻もこれでは厳しいでしょう。
画像
それにしても、洞窟の前はきれいな海だったんですね〜。
(いつもはバシャバシャで近寄れない場所なので。)

早速「球」を投入しましたが、当然、魚の気配は一切なし(笑)
沖に大きなナブラが立っていましたが、
画像
たぶんサバではないでしょうか。
こういう穏やか過ぎる日は、薄暗くなり底が見えなくなってからがスタートなんですよねー。

風も無く、潮も流れていないため、ほぼ1箇所に留まって動かないLEDウキを期待せずぼんやり眺めていると、「バリバリッ!」といきなり手元にアタリが伝わり、ギューンと乗って「外れた〜」
この外れ方は、まずイスズミです。
画像
その後、何尾かは釣れて来ましたが、とにかく針外れが多かったです。

尾長メジナ?もちろん釣れて来てくれましたよ。
画像
画像
最大は45cm。うっかりして「球」と一緒の写真が撮れませんでしたので、後から予備の新型と一緒に撮影しましたが、今夜投入したのは旧型のアミエビ用を改造したものです。
僕の周りでは、夜光針と蛍光玉の組み合わせがすっかり定番になりました。

このコマセカゴ、これからの季節に短時間ぶらっと釣りするのに向いていますねぇ。
とにかく、道具のセッティングが超〜楽です。
ということは、撤収も楽チンです。
たぶん今年の夏の放課後フィッシングは、ほとんどこれになると思います。
買ったはいいけど使っていない、あるいは釣れないから直ぐに止めちゃっている人が多いのではないでしょうか。
それ、もったいないですよ!
僕も最初は小型がちょっとしか釣れず、しばらくは道具箱の中のオブジェでしたが、試行錯誤のうえ、多くの尾長メジナを釣るツールとして合格点を付けるまでに熟成してきました。

このカゴは、「強風と高波で洗濯機状に荒れていて」ウキふかせ釣りではお手上げのときに真価を発揮します。

(爆釣@) http://miyakejima-sea.at.webry.info/201202/article_10.html
(爆釣A) http://miyakejima-sea.at.webry.info/201202/article_11.html
(大荒れのタイ根) http://miyakejima-sea.at.webry.info/201302/article_4.html
(会心の一撃) http://miyakejima-sea.at.webry.info/201206/article_4.html

とにかく、水中ウキ効果で潮に乗るので、適度な張りと角度を保って流れてくれます。
遠投竿を使うとカゴ釣りそのものになっちゃうので、意地でも2号負荷までの小型ウキで頑張ろうと思います。


ところで、最近強度重視の「黒い新型」をさりげなく発売してくれました。
画像

もし、本来穏やかな堤防で使うようなカゴを、三宅島の荒磯で50cm近いメジナ釣りに使うという、想定外の使い方を提唱したばかりに新型を開発してくれたのだとしたら、その対応には頭が下がります。
ただし、2〜3mという極浅場を釣る三宅島での釣り方は「激しく竿を振る」は厳禁で(カゴが水面から飛び出してしまうため)、何もせずとも、波と潮流でポロポロとオキアミが出るのが理想ですので、自分は強度低下を招かない程度に穴数を増やしています。

(球の改造) http://miyakejima-sea.at.webry.info/201203/article_3.html

この辺が、新型はリブ形状の関係で改造が難しくなっているので、穴を角穴にするなどのテストを繰り返しています。

(F.G.Labo) http://f-g-labo.net/
(めじなの瞳ブログ) http://profile.ameba.jp/f-g-labo/

【仕掛概要】
竿 アルゴス真鯛30-360T
リール D社 トライソSHOX3000LBD
道糸 ファイヤーラインEXT2.5号(PE)
ハリス シーガーA5号 1.2m
ウキ ヒロミ産業LED2号負荷
ハリ インブライト真鯛12号(針元に天然貝ビーズ&αビーズ)
錘  1.5号
カゴ F.G.Labo「球」
画像
今回、錘はカゴの中にセットしました。

土・日の釣りは、次回に!
いろいろと面白かったですよー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何気なく画像に溶け込んでいますが、球の大きさを考えると、オナガメジナの大きさに驚きます。
磯釣師あこがれのサイズを地磯でいとも簡単に釣ってしまうんですね。
クリーンで環境に優しい釣りに感心しています。
磯遊
2013/05/21 19:29
磯遊さん!
三宅島の地磯では、45cmの尾長メジナは普通サイズです。驚くことはありません。
釣るのも簡単です。
「食うときは食う」ですから、腕はあまり関係ないです。
ただし、ハリスを太くする等のバラさない工夫は必要です。

球の釣りは、磯が汚れないのがいいですね〜
本当にクリーンです。
夢釣人
2013/05/21 20:58
イスズミでもいいから、45センチ以上の魚を釣ってみたいです。
たしかに、1号竿で手のひら大の小メジナを掛けても竿は結構しなりますから、45アップなら最低2号竿は必要ですよね。
くらりん
2013/05/22 13:55
くらりんさん!
イスズミはロケット、サンノジはダンプ(笑)
どこの磯でも釣り人を驚かせています。
1.5号竿では危険です。
メジナなら問題ないのですが、これからの季節はパワフルな外道が多くなるので、頑丈な道具が必要となります。
夢釣人
2013/05/22 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワンタッチコマセカゴ「球」 のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる