のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS 釣友特集〜また会う日まで!

<<   作成日時 : 2013/03/31 21:10   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
皆さん、こんばんは!夢釣人です。
昨日土曜日の午前中、釣友に同行して間鼻の磯とシンズシロに行ってきました。
自分は仕事の都合で10時には納竿しなければなりませんでしたが、想い出の磯で、たくさん話しをしました。
画像
画像
大きなメジナは釣れませんでしたが、
画像
きれいな新鼻新山を背に、最後の釣行を見届けて来ました。

そして、午後のさるびあ丸に乗り込んだ多くの人たちの中に、4年間の三宅島生活を終える釣友の姿がありました。
画像
画像
今回、部下のシンディも、そしてたくさんの同僚も島を離れることになり、江戸っ子で涙もろい夢釣人は、見送り集団の最後列で、ずーっと下を向いていました。

では、ここからは、釣友から読者の皆様へのメッセージです!

【釣友から皆様へ】
こんにちは。
長らく夢釣人の相棒を務めさせていただいた釣友です。
私事ですが、この度仕事の関係で三宅島を離れることになりました。
四年間、三宅島にいましたが、たくさんの人に出会い、一緒に釣りを楽しみ、一生忘れられない思い出となりました。

いつかは三宅島で釣りをしたいと思っている方へ。

私が痛感したことを三つアドバイスいたします。

一つ目は、「仕掛けは太く」です。
三宅島では、予期せぬ大物が突然ヒットすることがあります。
生涯忘れられないビッグチャンスを逃さないためにも、絶対に太仕掛けをお勧めします。

二つ目は、「三宅島の敷居はかなり低い」ことです。
三宅島で釣りをしたい。だけど一人では一歩踏み出せない。と思っている方へ。
どの釣り宿も親切でフレンドリーに接してくれます。臆することは何ひとつありません。

三つ目は、「安全が最優先」ということです。
私自身、釣り場へ急ぐあまり、磯でつまずいて転倒や滑って転倒がよくありました。
半年経って完治しない怪我も残っています。
また、ウネリということがよく理解出来なかった時期、突然の大ウネリに襲われ夜の海に落下寸前まで陥ったこともあります。
釣りは、はやる気持ちを抑え安全であってこそ楽しめる遊びだと命がけで学びました。
皆様には、安全第一で楽しく大物を狙って欲しいと切に願います。

今まで、カモメ、サメ、コバンザメなど、驚く獲物も掛けましたが、何をやっても釣りは理屈抜きで楽しいです。

最後になりますが、私に一年間磯釣りを教えてくれたAさん、一緒に釣りをしてくれた夕景・天狗屋・海楽の各釣り宿の皆様方、神業的操船テクニックで荒れる三本岳に渡船させてくれる住吉丸の船長、釣りを通じて出会ったその他の皆様方、本当にありがとう御座いました。

これからは、いち三宅島釣りファンとして、竹芝桟橋に立つことと思います。
最初は7月の国体フィッシングかな。
夢釣人さん、ブログに登場させてもらいありがとう。

画像
夢釣人を磯釣りにいざなってくれたのも、やがて真鯛や大シマアジを釣ることになる磯場に最初に連れて行ってくれたのも、そして夕景のカッちゃんをはじめ、たくさんの素晴らしい釣り仲間を紹介してくれたのも、すべて釣友のおかげです。
画像
そして、表現がベタですが・・・釣友が最後に釣り上げた、すごく大きくて、何者にも代えがたいもの・・・
えっ?コッパメジナ?
皆さん!突っ込みどころは、そこじゃないですよ!

左手のく・す・り・ゆ・び!!

お嫁さんも僕らの同僚なので、都内某所で始まる新生活を皆で応援しています。

本当に、ありがとうございました。
そして、末永くお幸せに〜\(^o^)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
釣友特集〜また会う日まで! のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる