のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ!磯釣りに行こう(笑)

<<   作成日時 : 2012/10/22 23:59   >>

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
皆さん、こんばんは!夢釣人です。
「そろそろ磯釣りがしたい」と思い、重い腰を上げました(笑)
タイトル画像の魚は、現在フィーバー中のツムブリです。
レインボーランナーの呼び名の方が恰好いいですかね?
そして釣り人は、実は出たがりの民宿夕景オーナー、沖山勝彦さんでございます。
土曜日、お誕生日でした〜!

身体がデカイので魚が小さく見えますが、これで60cm級、現在のアベレージサイズです。
いい引きしますよ。
ちょうど、内地で言う「イナワラ」「サンパク」・・・イナダとワラサの間くらいのパワーでしょうか?
これをカッちゃんは、1.5号竿で楽しんでいました。

さて、昨日の日曜日、常連の木っ端釣り師さんが大好きな「タイ根」に行くとの情報を釣友からもらったため、前日の野球で痛めた脚を引きずりながら(笑)、
画像
「脚、痛てーっ!」と呟きながら、この結構な高さの梯子を登ると、
画像
画像
いつものワンド入口で早くも竿を出しています。
(夢釣人は、ここより右に行った、ワンドに入った場所が好きです。)
近くの大きな潮だまりには、
画像
すでに数尾の良型ツムブリが泳いでいます。

口の一部が弱いのか、結構ハリ外れの多い魚なので、木っ端さんの合わせとヤリトリが上手なのでしょう。
画像
実は、この画像の前に、木っ端さん、痛恨のモンスター大バラシをやらかしちゃいました。
2m+αという浅ダナで掛ったため、「またツムブリ?」と思った瞬間、沖に向かって猛ダッシュ!
「ヒラマサ?」と思いながらも、根に飛び込まないまま100m分の糸を一気に持って行ったそうで、「止まった〜」の歓喜の叫び(実際の木っ端さんは寡黙なので、シメシメとほくそ笑んだ感じかな?)も空しく、ふたたび走り出したモンスターに、6号のハリスが無念にも切られてしまいました。
このポイントにはサメはいませんから、ヒラマサや大フエフキではなかったかと思います。
これからの時期は、地磯でも7〜8号ハリスで通した方がいいかも知れませんね。

ちなみに、夢釣人はこのツムブリと相性が悪く、この日も6尾掛けて、釣り上がったのは1尾だけ!
画像
だから、55cm級でもこの笑顔!この魚、ツムブリとしては結構メタボで、釣友がみそ焼きで食したところ、かなりの美味だったそうです。(機会があればレシピを紹介します。)

釣友は、
画像
画像
カッちゃんの竿でツムブリを釣ったり、「オオカミの子ども(笑)」と戯れたりしていましたが、珍しく早起きしたため、いつもより早めにえネルギー残量「0」になっていました。

いちばん喜々としていたのは・・・
画像
画像
画像
「釣友〜!掬え〜」と、超高級、キロ超アカハタで満面の笑み!
画像
「撮る?」「ちっちゃい!」「35はあるでしょ?」「全然ナイ!」
カッちゃんと夢釣人が並んで釣っていると、笑い過ぎてアワセが遅れます(笑)

「また、ツムブリかな?」
「カッちャん、丸いよ!」
「イェイ!」
画像
この人には、大きさなんて関係ありません。
唯一のカンパチを釣ったことが、嬉しいのでしょう。
終始、ドヤ顔でした(笑)

実は、不謹慎な理由から(秘密!)、夢釣人はベタ底でアカハタを狙っていました。
そして、
画像
画像
ふふふ・・・。予定通り、35cmほどの良型を釣り上げることができました。
これだけで、満足です。(もう少し小さいのが欲しかったのですが・・・)
空の色が綺麗で、気持いい天気ですね〜

午前中限定のほのぼの釣りでしたが・・・
画像
磯釣りとは思えない、とんでもない釣果になりました。これでも、小さなツムブリは、リリースしています。
ツムブリは70cmほどの良型が数尾混じり、
画像
良型の美味しいナンヨウカイワリも2尾釣れました。
尾長メジナは、
画像
木っ端さんが35cm級を1尾!(元気なメジナでしたので、撮影後すぐにリリースしました。)

【仕掛概要】
竿  D社 大島磯2号540本流タイプ
リール D社プレイソ3000LBD
道糸 ファイヤーライン3号(PE)
ハリス Vハード7号 2m
ウキ 中通し2B負荷

現在、良型のツムブリが磯際でメジナ仕掛けに食って来ますので、尾長メジナとの両狙いで楽しめます。
また青物の特性ですが、記事のように、カンパチやシマアジ、ナンヨウカイワリなどの高級魚を引き連れて回遊していることも多いため、気を抜かず頑張りましょう。
久々の磯釣りで、調子が出ませんでしたが、尾長メジナの本格シーズンに入りますので、ボチボチと頑張っていきます。

では、また!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
夢釣人さん、こんにちわ。
夕景の若大将、素敵な笑顔ですね。
こちらまで微笑んでしまうほど、楽しさが伝わってきました。
ぼくは、三宅島の釣りはもっと恐ろしいものだと思っていたので、夢釣人さんのブログでの楽しそうな写真を見てきて考えが変わりました。
夢釣人がアカハタ持った写真、ハンサムでかっこいいです。
磯遊
2012/10/23 12:51
久々に、夢釣人さんの磯釣り姿が見れて、安心しました。
それにしても、大きいアカハタですね。
身の厚みがスゴイです。
伊豆の小メジナ
2012/10/23 12:56
磯遊さん!
こんばんは。
若大将は、見た目強面ですが、良く話しますし、記事に書けないようなエピソードがたくさんありますから、ぜひ本人に聞いて下さい(笑)
三宅島の磯釣りは、僕も恐ろしくて、当初はビクビクしながらマイナーポイントで釣っていました。
今は、このブログがかなり敷居を下げちゃいましたので、相当おかしな釣りをしても大丈夫ですよ。
たとえB級ポイントしか空いてなくても、ほのぼのマイペースの釣りを心がければ、海の神様から素敵な贈り物が届くみたいですよ・・・大きすぎて受け取り損なうことが多いのですが(笑)

ハンサム?言われたことないです。
ただの釣りオヤジですよ。
撮影した釣友の腕が良かっただけだと思います!
っていうか、ほとんどサングラスと影じゃないですか。
夢釣人
2012/10/23 19:09
伊豆の小メジナさん!
こんばんは。
このサイズのアカハタが地磯から釣れるのは、驚きですよね。
カッちゃんのが1周り大きく、夢釣人のは800gくらいでしょうか。
カサゴなどに比べると引きが強く、さすがはハタ類だと感心させられます。
味の評価がバラ付くのは、もっと南方の魚が低い評価であるためで、三宅島産のアカハタに限っては、おそらくトップクラスの美味しさ・・・マダイやシマアジを凌ぐのではないでしょうか。
薄造りにしてポン酢で食したり、白ワインや紹興酒で蒸したり、和・中・洋・仏・伊と何でも美味しい万能高級魚です。

実は、何度か夕マズメの磯に行きましたが、大シケだったりイスズミ1万尾だったりで、記事になる釣りは到底望めませんでした。
決して、磯釣りを忘れたわけではありませんよ(笑)
夢釣人
2012/10/23 19:33
こんばんは。

磯釣りって、道具持ってあんな梯子登ったりするんですね!
痛めた脚じゃ、たいへん。

夢釣人さんもいい笑顔ですね。
皆さんの釣りの様子がとても楽しそうで、釣り素人の私でも行ってみたくなります。
あんなに釣れたら潮だまりが水族館みたいになりそうね。
アクア
2012/10/24 18:56
アクアさん!
こんばんは。
この磯は、数年前の崖崩れで道が無くなってしまったため、ガイドさんたちが協力してハシゴを設置しました。
三宅島の磯には、もっと簡単に入れる場所がたくさんありますので、ここは特殊な方だと思います。
最近、いろいろ手を広げていたので、釣りがおろそかになっていましたが、こんな自分にも釣れる魚がいたのが嬉しかったです。

本日、頂いたオリーブオイルとハーブソルトを使い、ツムブリ料理の記事をアップしました。
この2品は逸品ですね〜。
魚専用のハーブソルトがあるとは、知りませんでした。
夢釣人
2012/10/24 20:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ!磯釣りに行こう(笑) のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる