のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS 釣り教室 o(^▽^)o

<<   作成日時 : 2012/08/05 11:44   >>

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
こんにちは!夢釣人です。
皆さん、15cmのアジで、こんな素敵な笑顔ができますか?
はじめて魚を釣り上げたときの「あの感動」を、思い出して見て下さい。

というわけで、面倒見のいい釣友が、釣り教室を開きました。
画像
生徒さんは、3人の女性〜釣友は張り切っていました。

初心者向け(特にお子さんと女性)の釣りは、
@ とにかく安全第一
A クリーン
B 短時間で結果が出る
C 美味しく食べられる

特にこの時期、Bは重要です。
熱中症の心配がありますからね。
この釣り教室も15時出発、16時解散と、実釣時間30分ほどでしたが、まぁ「5分間アジ釣り」の釣友からすれば、延長サービスだったかな?
画像
画像
画像
皆さん、いいお顔をされていました。
次回は、メジナ、行っちゃいますか?

台風の影響の濁り潮で、決していい条件ではありませんでしたが、
画像
釣りガールの健闘で50尾以上釣れました。

ところで、午前中夢釣人は、一眼レフ持って、珍しく雄山の立入り限界エリアまで行ってきました。
画像
画像
噴火時に生じたガスで、無数の樹木が正に「即死」し、今も立ち枯れています。
荒涼とした風景は、マイナスイメージに伝えられることが多いのですが・・・

画像
画像
画像
光の加減で、彼らは本家の白樺を凌ぐ、純白の輝きを見せます。
噴火で枯死した今もしっかりと根を張り、大雨から人々を守っているんですね。

釣り、ダイビング、バードウォッチング、ドルフィンスイム・・・たくさんのお客さんで賑わうこの季節でも、彼らは静かに佇んでいます。
画像
その中でも、この15mほどの大樹は圧倒的な存在感!爆風にさらされても、大きく枝を広げ、その枝は湾曲しても折れていない。
そして、この樹の周りには、たくさんの新しい緑が育っていて、あたかも両手を広げて立ち往生する弁慶のようで、何度見ても飽きません。

心洗われ、清々しい気持ちになりました。
植物には全く興味はありませんが(笑)
たまには、山もイイですね。
結構涼しいですよ!

では、また! (o・・o)/~

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
生徒さんたち、素敵な笑顔ですね。
ぼくの最初の魚は釣り堀の金魚でしたが、今も鮮明に覚えています。
三宅島の枯れた木は以前テレビで見ましたが、こんなにキレイに撮ってもらえて、きっと喜んでいるんでしょうね。
白樺のように白いことは、初めて知りました。
磯遊
2012/08/05 15:59
磯遊さん!こんばんは。
釣りって、最初の1歩が難しいですね。
僕は、父が釣りをしなかったので、伯父さんに教わりました。
4歳の時はじめて釣ったのは「小鮒」でした。

枯れ木、綺麗でしょう?
僕は親しみを込めて「なんちゃって白樺」と呼んでいます。
この木が全て倒れ、若木たちが同じ大きさになるまで、かなりの時間を要します。
「もう噴火しないで」と言いたいのですが、もし噴火しても、前回のような火山性ガスの噴出だけは勘弁してもらいたいです。
夢釣人
2012/08/05 19:53
どこかで見たような釣りガール・・・。
釣友の元気な姿、久しぶりに見ました。
相変わらずの釣り浸りの生活ですね。
うらやましいです・・・。
自分など、いまだに膝までしか海に浸かっていません。
竿・・・。
竿って何だっけ・・・?
の世界です。
まだまだ暑くなりますが、身体に気をつけて。
パープルマン in Ogasawara
2012/08/06 12:00
パープル兄さん、ご無沙汰です。
レマーレ、腐っていませんか?
今回の生徒さん、良〜くご存じでしょう。
夕景のカッちゃんも海楽スタッフも、皆さん心配しています。
僕らは、東穴の磯を通るたびに、兄さんを偲んで涙しています(嘘!)
早く帰って来て下さいね。

メジナ、釣れていますよ。
羨ましいでしょう〜
夢釣人
2012/08/06 19:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
釣り教室 o(^▽^)o のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる