のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS 10尾釣るまで「帰れまテン!」

<<   作成日時 : 2012/02/28 23:16   >>

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
こんばんは!夢釣人です。
一昨日の日曜日は、日中、愉快な仲間たちと阿古の「イシャジリ」という磯に行きました。
「ちっこいのが多いな〜」と嘆いていた釣友でしたが、最後には40cm超を数尾交え、ニコニコ楽しそうでした。

「楽しい〜」「オットット!」
画像
画像
画像
長老(笑)のパープルマンは、1.5号竿使ったり、3号ほどの細ハリス使ったりしながら、大中小交えて楽しんでいました。(それでも数はダントツ!夢釣人の3倍以上は釣っていました。)

で、最大魚は、
画像
画像
小メジナハンターの釣友H!今日は45cmほどの良型尾長メジナを連発しました。

えっ、夢釣人ですか?
画像
こんなの釣って遊んでいました。
画像
「メジナなら夕まずめにたくさん釣れるから」と、適当に楽しんでいましたが、それでも45cm近い口太を頭に結構な数を釣りあげました。

そして、昨日の仕事終了後、同僚KAさんと温泉下の磯で待ち合わせ。
画像
超手軽な「球」メジナは、遂に2号竿と小タッパー1個(笑)
竿掛けすら面倒なので使わず。
「これでもか!」というシンプル道具で勝負です。

画像
コマセは、ハサミで刻んだオキアミに、配合餌をたっぷり混ぜます。
この辺は釣友とも配合割合が異なりますが、自分は配合餌多めで、少しパサ付くくらいに作りました。

釣り方は、「パクッ!」っとコマセを咥え、付け餌を付けたら、軽〜く投入し、あとはジッと待つだけ。

前回の「球」は9尾だったので、今日は10尾釣るぞ〜(そんなに、いいことは続かない?)

ところが、開始早々から40cm級が食って来て・・・
画像
画像
画像
45アップも3尾混じり、実釣90分間で10尾!

画像
依然として、蛍光針にバリバリと掛ってきました。
それと「球」で釣ると、不思議と針呑まれが無いんですよね。
偶然なのでしょうか?

最後は連発で、まだまだ釣れそうでしたが、雨が本降りになってきたため、KAさんと一緒に納竿してきました。

「球」のポテンシャル、恐るべし!

この10日間に、夢釣人が釣ったメジナのトータルが、50kgを優に超えました。
今晩も(カメラ持たずに)釣友と散歩しに行き、40〜45cmを2人で9尾釣って来ましたよ(笑)

【仕掛け概要】
竿  D社ドライマックス2号530
リール S社 BB-XデスピナC3000DXC
道糸 ファイヤーライン3号(PE)
ハリス フロロ7号 1.5m
ウキ 釣研電輝円錐3号
ハリ インブライト真鯛12号
錘  2号
カゴ F.G.Labo「球」

(こんな感じね!)
画像


では、また! (o・・o)/~

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今日も深夜にこんばんは。
すごい釣果ですね、すごすぎです。
こちらでは40a級のクロ(メジナ)を釣るのが簡単ではないのですが...。
三宅島に行ったら東京に戻りたくなくなりそうで怖いです。
(^_^;)
なりなり@九州磯釣師
2012/02/29 01:04
なりなり@九州磯釣師さん、こんばんは!
笑っちゃうでしょう?
風と潮がイイ具合だと、いとも簡単に釣れます。
それに「球」を使った釣りは、あくまでも繊細な「ふかせ釣り」であり、大味な「カゴ釣り」ではないことを皆さんに判ってもらいたいですね。
くどいようですが、僕は「のんびり釣ろうよ・・・」の主宰者ですから、超〜適当でいい加減な釣りスタイルですが、それでも三宅島のメジナはガンガン釣れて来ますよ!
夢釣人
2012/02/29 01:32
この日も凄いですね。 やっぱり黒潮の影響
でしょうか?
房総だと、潮止りには餌取りだらけになって、
たまに釣れても餌取りと化している子めじな
だけです。

房総のクチブトは、すでに7分目ほどに抱卵
していて、産卵は3月から4月中旬くらいと
思いますが、オナガの腹には何もありません。

三宅のオナガも同じですか?  産卵時期は
いつですか?
bamboo
2012/02/29 15:16
夢釣人さんこんにちはー

>それに「球」を使った釣りは、あくまでも繊細な「ふかせ釣り」であり、大味な「カゴ釣り」ではないことを皆さんに判ってもらいたいですね。

これはまさにその通りで私もカゴ釣りと思ったことはありません。。
球(パックン)はあくまで水中ウキとの位置付けです。

まあ最近の夢釣人さんの釣果を見ていると
かなり大味に見えちゃいますけどねw
(釣り過ぎw)

こんなに釣れるなら2月は毎年三宅島詣でに行くかなーって感じですよ



子連れメジナ師
2012/02/29 16:34
bambooさん!
好調の原因は、黒潮というより「地合」でしょう。
三宅島も潮止まりには食いが渋る傾向にあるようで、潮が動き出すと同時にスイッチが入ることが多い気がします。
産卵時期は、最近口太を総リリースしているので確証がありませんが、尾長が10月後半から12月、口太が2月から4月くらいで、房総よりは若干早いようです。
夢釣人
2012/02/29 20:15
子連れメジナ師さん、こんばんは!
パックン(笑)は、潮を掴んでドンドン仕掛けを引っ張って行きますが、これがメジナ釣りに理想的な「刺し餌先行」をいとも簡単に演じてくれます。
やがてウキがスト〜ン!と沈み、次の瞬間手元にくる強引きは、まさにウキふかせ釣りそのもので、すっかり虜になってしまいました。

今年の三宅島は18℃くらいの尾長メジナに最適な水温が続いています。
まだまだ三本岳の大物は出ませんが、地磯で1.5〜2号竿を操り、40cm級を数釣りするのもたまらない面白さがありますから、ぜひ釣れているうちにお越し下さい。
夢釣人
2012/02/29 20:41
僕はぼぉ〜っとしながら竿を出すことが多く、よそ見してたらウキがない、ということがよくあります。
釣りはたまにしか行けませんが、一番好きです。
天気が良い日のジョギングも好きで、多摩川の土手を何も考えずに黙々と走ってます。
1`4分台なので、ペースは早めではありますが。
卓球はその正反対で、真剣勝負そのものです。
なりなり@九州磯釣師
2012/02/29 20:57
なりなり@九州磯釣師さん!
三宅島の尾長メジナ釣りは、糸フケをコントロールしながら張り気味に仕掛けを流す(あるいは落とし込む)ことが多いため、ウキを凝視していても、メジナのスピードに負けて、合わせるより先に竿先を引き込まれることも多いです。

僕も釣りが一番好きですね〜。

1キロ4分ペースは早いですね。
僕も昔は結構走れましたが、今では自転車が限界です(笑)
真剣勝負しているものは・・・特に無いです(汗)
夢釣人
2012/02/29 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
10尾釣るまで「帰れまテン!」 のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる