のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS 真の立役者

<<   作成日時 : 2011/12/25 16:39   >>

面白い ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
皆さん、こんにちは。「時の人」です(笑)
さすがに夕景と海楽の釣果ブログに同時掲載されると、反響が半端では無いですね。
「うしろゆびさされ組」になっています(古いか?)

今回のオオカミは、刺身100人前!かも知れませんが、すでに捌く気力も無く、そんなに島内の友人もいないので、昨日三池港で夕景のカッちゃんに押し付けてきました。
怪しい風貌なので、傍目には「ヤバイ物」の取引に見えたかも知れませんが、優しい人です。

もし、今夜あたりどこかの施設で、タイガーマスクのコスプレをした大男がシマアジ捌き始めたら、それは沖山さんです。あっ、顔はマスク取っても、そんなに変わりません(笑)

画像
自転車仲間の「まんちゅ」に持たせて撮った、最後の記念写真です。
改めて「デカっ!」と思いました。(そうそう。シマアジには、A型とB型の2種類あることが、最近の研究で解っています。この魚体はB型です。味の優劣はありません。)

Xmasパーティにお誘いが無いのが許せないが・・・まんちゅのブログです。
(三宅島なう〜酒と・・・)
http://miyakejima-now.at.webry.info/201112/article_2.html

画像
針の掛かり方、バッチリでした。
画像
大真鯛の時と同様に、プライヤーでも抜けませんでした。

これ「置き竿釣法」の結果なのですから、改めてアワセの不思議を実感しています。
「電光石火の強いアワセ」が、必ずしも正解ではないようです。

で、本日は、日頃釣具として紹介されることも少ない「玉網」に少し触れておきます。
画像
確かに、こいつが今回の真の立役者ですからね。
こいつが途中で壊れていたら、絶対に取り込めなかった訳ですから、感謝の意を込めて紹介しましょう。
(最後は右手で枠を掴み、左手で尾っぽを押さえながら「ファイトぉぉぉ〜」「一発ぁぁぁ〜つ!」と叫んで引き上げたようです。あまり記憶が無いのですが・・・)

【柄】はプロマリン社「ランガンアーム小継600」で、だいたい9,000円くらいです。
画像
竿バッグのサイドに玉網とともに入り、アオリ用の「オートキングギャフ」も使える逸品です。
画像
画像
ただ、6mは非常に品薄で、欠品のことが多いようですね。

【枠】は、スノーピーク社「カスタム軽量四つ折玉枠」の45cn径で210g、3,000円程度で買えます。
画像
材質は強度重視のステンレス製

画像
画像
真鯛のとき、軽量アルミ製は3つに破壊されました。強化ジュラルミン製なら大丈夫かも知れませんが高価なので、ステンレス製がコスパでお勧めです。地元の二幸釣具店にも置いてあります。

(真鯛の日の記事) http://miyakejima-sea.at.webry.info/201103/article_12.html

【網】
これは断然、昌栄社製「極(きわみ)替網」です。
この網の特徴は、「自立する程の張りの強さ」
画像
風や潮流で網がペチャンコにならず掬いやすいです。
画像
3,000円くらいで買えると思います。現在45cm径用を使っていますが、深さも約45cmで、1mの青物を掬うには浅すぎました(笑)
ただ、深くすると操作性が悪くなるのも確かなので、また考えないといけませんね。

次回は、当日のも含め、仕掛けを特集したいと思います。

では、また (o・・o)/~

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
(;゚Д゚)!夢釣人さんの釣りって、激しいんですね。
玉網、バラバラじゃないですか。
どのタイミングで折れたんですか?
三宅島の釣りって、皆さんこんな感じなのですか?
ビックリしました。
磯遊
2011/12/25 17:31
鯛のときは、何とか掬って、真っ直ぐに柄を収納している際に1箇所、鯛が暴れて更に1箇所が破断しました。
幸い60cm径用の深い網を使っていたため、大事に至りませんでしたが、青物だったらバレていたでしょうね。

少なくとも、僕以外でこんなに泣きそうな取り込みを経験している釣り人の話は聞いたことないです(汗)
また、m級シマアジがスプールから糸を引き出している最中に、股に竿を挟んだまま玉網を組み立たのは、人類史上僕だけだと確信しています(笑)
夢釣人
2011/12/25 19:17
夢釣人さん、はじめまして。
海楽さんのリンクから拝見させていただきましたが、オオカミだけでなく大鯛まで釣り上げていらっしゃいましたか。

長年磯釣りをしていても、憧れや夢でしかないサイズを、置き竿でオヤツ食べながら釣っちゃう名人は、見たことないです。

TVや雑誌で偉そうなうんちくを並べる「プロ」と呼ばれる人たちの上から目線の説明にうんざりしていたので、夢釣人さんの人間味ある記事に惹かれました。

それと、その日の仕掛けの紹介がすごく参考になります。
モンスターチャリコ
2011/12/25 20:08
モンスターチャリコさん、はじめまして。
付け餌忘れても戻りませんが、おやつ忘れると取りに戻ります(笑)
「名人」という部分は自他ともに否定しますが、「のんびり釣ろうよ・・・」の管理人は、本当にのんびり釣っています。

仕掛けは、PEの道糸以外はオーソドックスだと思います。
これからも、毎回載せますので、アドバイスがありましたら、よろしくお願いします。
夢釣人
2011/12/25 21:44
はじめまして めじなの瞳さんのブログから来ました。
物凄いです。まさにモンスター、大オオカミです。
僕は房総半島から外に出たことがほとんどないので、
こんなモンスターは初めて見聞きしました。
こんなのを掛けたら、足が震えることでしょう。

僕のブログは釣り、ハイキング、囲碁、ヨット、
ゴルフ、登山、スキーといった趣味と遊びのこと
だけを載せていますが、平日は真面目に仕事を
しています。
暇な折にでも見に来てください。カテゴリーの
釣りをクリックすると、釣りの記事だけが見えます。
 http://blog.livedoor.jp/bamboograsswood/
bamboo
2011/12/25 23:04
bambooさん!たった今、ブログを拝見していました。
富浦の掛り釣り、凄いですね。
石鯛もクロダイもスケールが違いますね。
僕は息子と良く保田の港から出船して、富浦沖で釣りをしていましたし、その息子は、小淵沢の高校に野球留学をしていたため、毎週八ヶ岳通いでした。
共通点が多くて、びっくりです。
これを機会に・・・よろしくお願いいたします。
夢釣人
2011/12/25 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
真の立役者 のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる