のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS スパルタガイド(笑)

<<   作成日時 : 2011/08/13 00:51   >>

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
皆さん、こんばんは。
今日の夕方、ちよっとだけサビキ釣りをしました。
潮が濁って、シマアジJrは2尾だけ。しかも超小型。
小アジは30尾ほど釣れましたが、料理が面倒なので、全部リリース!
画像
このヘリコプター(ミナミハタンポ)やタイトル画像のカゴカキダイも当然リリース!
ただ〜し、秋から冬に釣れる25cm以上のカゴカキダイは絶対にリリースしません。一夜干しにすると「絶品」です。

さて、一昨日、夢釣人Jrが彼女とともに来島しました。
画像
朝、5時に三池港に着き、車で阿古の宿へ。
早朝休憩&朝食後、8時半に迎えに行き、まずは長太郎池へ。(画像は他の日のもので、当日はもっともっと荒れていて、流れもありました。)
画像
ここで、ほぼ未経験の2人に、マスク・シュノーケル・フィンの使い方を説明しまして・・・

10時半から12時まで、今度は伊ヶ谷港で飛び込み・遊泳・立ち泳ぎの練習をします。
画像
画像
この日は水色が良く、抜群の透明度で結構面白かったです。(確認魚種 ハリセンボン、ハコフグ類、ヒラアジJr、クロサギ、ベラ類、スズメダイの仲間、クマノミ、アカヤガラJr、シロギス アオリイカJr その他たくさん)

その後、3人で軽い昼食をとり、そのまま坪田港へ。
13時半、大型船「おしどり丸」で御蔵島に向かいます。
画像
予想外の大波で、しかも横波!道中は大変で、船酔い者もちらほら。
が、こんな悪条件でも御蔵島のイルカは超フレンドリー。こっちに向かって突進して来ては、50cmくらい横ですれ違うような、ものすごい体験ができ、大興奮でした。2mほどの距離で子イルカと目が合った際は、明らかに甘える声でこちらに話しかけるから、北島康介ばりの高速平泳ぎ!で徹底的に遊んであげました(笑)
泳ぎ過ぎて、あちこち痛かったです。海水も相当飲みました。
画像
画像
画像
まっ、自分で写真撮っていたら、貴重な瞬間を逃しますから、カメラは他の方にお願いした方がいいと思います。この写真はすべて今回お世話になった「DOLPHIN CLUB 三宅島」から拝借したものですが、正にこんな状態でした。
御蔵島のイルカって、潜れない初心者にも水面に背びれを出して近付いてくるので、シュノーケルを水面に出したまま、水面下1mくらいで楽しめます。イイ子たちです。(もちろん、いつもそうとは限りませんが。)

ただし、船に上がるときは(レディ=ファーストとかで)かなりの時間立ち泳ぎをするので、それが一番辛いかもしれません。練習あるのみです。泳ぎに自信のない人は、ウエットスーツでウエイト無しが、浮力の関係でいいかも知れませんね。
自分が子イルカとじゃれているとき、傍らの母イルカが目を閉じたまま泳いでいてビックリ!
イルカって、寝たままでも泳げるんですよ。

今回は、イルカの表情がとても印象的でした〜

(DOLPHIN CLUB 三宅島) 
http://www.dolphin-club-miyakejima.com/
代表の田口さんは、平日や1人での参加希望でも、必ず何とかしてくれます。
メールでいろいろ相談してみましょう。
機材レンタルも格安です。
スイム中、下から写真を撮っていたので、近々にHPにアップされるかも知れません。

来週末は、いよいよ御蔵島から小船でドルフィンスイムをする予定です。
たくさん泳いで、イルカ語を話せるようになりたいもんです(笑)
それにしても、遊びすぎです。
磯釣りする暇がありません。釣れませんし。

画像
本日、新しいカメラが届きました。1400万画素、5倍ズーム、5m防水、1.5m耐落下!アマゾンで、何と15000円切り(爆安!)
なぜか、ブラックやブルーが17000円超えなど、色によって2500円くらいの開きあり。
いい時代ですな〜 初期の頃買った35万画素は5万円、次の200万画素が7万円でしたからね。

これでまた、いい写真が撮れそうです。

では、また!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
夢釣人さんのイルカ遭遇率、高すぎませんか。
やはり、コマセ撒きましたか(笑)
それともテレパシー使ったのでしょうか。
イルカいないか
2011/08/13 22:00
船酔いで、若干のコマセが撒かれたようです(汗)
テレパシーではなく「手」を使いました。
イルカに両方の手のひらを大きく振ったら、興味津々で突っ込んで来ましたよ。
いわゆる「誘い」です。
この辺は、釣りと同じですね。
夢釣人
2011/08/13 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
スパルタガイド(笑) のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる