のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS 海の日☆サビキでシマアジJr(初心者限定)

<<   作成日時 : 2011/07/17 22:28   >>

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
こんばんは、夢釣人です。
祭日として制定されて以来、海の日は荒天の特異日・・・風が吹く日が多かったのですが、今年は遂に超大型の台風が接近中。
今回の台風の特徴は「とにかくデカイ」「まだ南海上を西に動いている時点で、すでにウネリが高くなった」「めちゃめちゃ遅い」ということで、三宅島でも数日前から変なウネリが入り始めました。

さて、この連休、何をしていたかというと、お子様連れのお客様を案内して、伊ヶ谷で「スイミング」(笑)
画像
暑かったです。途中で、部下のシンディを捕まえて、かき氷買いにパシらせちゃいました。

夜は、某所で「サビキング」
ただし、狙いは小アジではなく、
画像
シマアジJrとか、
画像
カンパチJrです。
Jrとはいえ、シマアジが20cmほど、カンパチが25cmほどで、これをヘラ竿で釣るのですから、結構楽しい釣りで、0.8号のサビキでも時々切られちゃいます。ウソみたいに夢中になりますよ。
画像
小さいお子様でも、簡単・安全。でも、初めて釣る魚が「シマアジ」「カンパチ」というのは、どんなもんだろう。
画像
しかも、このJrたち、丁寧に料理するとすごく美味しいので、お子様連れのお客様には、下ごしらえしたものを冷凍して、保冷バッグに入れて持ち帰っていただきました。(もちろん、夢釣人が狙うシマアジは最低でも45cm!一応・・・)
画像
イメージ画像〜(笑)

夕方、お客様を宿にお送りして帰る途中、釣友の車を発見!近くの磯に行ってみると・・・
画像
「釣れてる?」「今、40cm級の尾長メジナをリリースしたばかり」「何尾釣った?」「2人で35〜40cm級を5〜6尾」
この時期、かなり優秀な釣果です。さすが釣友。次の尾長を待って写真撮ろう。
画像
ところが、釣友が次に釣ったのは、何と「電気クラゲ」(爆) カモメに次ぐ際物!
正式名称「カツオノエボシ」・・・釣りあげたのはその触手1本だったのですが、それを素手で触ったとたん「痛ってぇぇぇぇ〜」 磯で指揮者みたく手を振ってました。皆さん、気を付けましょう。

そうこうしているうち、
画像
台風の影響のウネリが押し寄せ、
画像
「畜生〜!」 もう、一瞬にしてずぶ濡れ。危険なので、速攻撤収しました。

しばらく、釣りはお休みかな?

では、また!

【仕掛け概要】
竿 小継ヘラ竿 3.3m
道糸  1.5号
5号針×0.8号×1.5号 スキンサビキ
(魚皮やウイリーよりもスキンがいいです。)
下錘  4号程度のカゴ付き

目指せ!ヘラ竿で30cmのメジナ!
昔、渓流竿で30cm超のメジナを釣りましたが、あまりの引きに、腰が抜けそうになりました。
へら竿で釣ると、餌取りのカゴカキダイですら、ギュンギュン引き込みますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は、毎度登場させていただく釣友です。クラゲは全くノーマークでした。生まれて初めてクラゲに刺され狼狽えました。クラゲは海水浴で刺されるものと思っていたので唖然です。この時は、普通に仕掛けをピックアップしハリスを掴んだら、ハリスに絡んでいた青い紐状のものが手の甲にピトッと。ピリッピリッと激痛が・・・痛みは10分で治まり腫れもなく済みました。目の前の海には流されてきたゴミ溜りがあったので、そこにクラゲもいたんだと思います。今後は目の前のゴミ溜りに注意です。 クラゲより驚きは、穏やかだった海が台風の影響でたった10分で激荒れになったこと。日頃から「片付けは誰より早く」を密かに実践していたのですぐ撤収できましたが、「片付けに手間取って被災する可能性もある」と感じ怖かったです。私の磯釣りの師匠から「片付けの速さも技術のうち」と教えてもらいましたが、2年たってようやく何のことか実感。磯釣りは色々な危険が伴うものだと教えられた日でした。皆様も無理をなさらず天気が良い日に「のんびり釣ろうよ」です。
釣友
2011/07/18 19:21
先っちょが青い寒天状の物体で、後ろから見ていてもさして危険な感じはしませんでしたが、その後のリアクションで痛さが伝わってきました。
本体に絡まれると、マジで死にそうになるらしいですよ。
本当に大事に至らなくて良かったです。
潮目に漂うゴミ、要注意ですね。
(暗かったら、完全に握っちゃいますよね。)
そして、穏やかな海が一瞬にして危険な海になったのも驚きました。
こんな日は、小アジでも釣りましょう(笑)
夢釣人
2011/07/18 21:36
こんばんわ。
以前、堤防から投げ釣りをしていて、天秤に触れたときに同じような痛みを感じたことがありました。ずっと何かに感電したみたいだと騒いでいましたが、クラゲだったんですね。釣友さんの詳しい説明でようやく謎が解けました。
磯遊
2011/07/19 19:19
磯遊さん、こんばんは。
実は自分も、真夏のボート釣りで、針にまとわり付いてきた10cmほどの異物を引っ張った途端、ビシっと痛みが走ったことがあります。
今回の釣友のそれは、明らかに青っぽかったので、間違いなくカツオノエボシで、さぞや痛かったと思います。
これを教訓に、「異物を素手で触らない」を徹底しましょう。(特に夏場!)
夢釣人
2011/07/19 20:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
海の日☆サビキでシマアジJr(初心者限定) のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる