のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとだけアディダス魚

<<   作成日時 : 2011/03/03 21:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

写真は、3月2日午後の伊ヶ谷港です。朝、錆ヶ浜港への接岸を断念したサルビア丸でしたが、午後はさらに海況が悪化。同僚を乗せたまま、竹芝に戻って行きました。(3月3日の朝も三池港への接岸を断念したため、同僚は40時間近くサルビア丸に乗っていたことになります。)

画像

一度も接岸チャレンジをすることなく、遥か沖合いを竹芝に向け爆走中〜まっ、この港内状況ではと、乗船待ちしていた皆さんも、ほとんど諦めていましたが。

画像

一方、夢釣人は、急な仕事で御蔵島弾丸ツアーでした。就航率95%以上を誇るアイランドシャトルでしたので、余裕です。10分足らずで到着しました。

画像

御蔵島の桟橋は、三宅島以上に厳しく、定期船の接岸は難しい状態でした。

画像

画像

素敵な景色を見てきました。(もちろん仕事もしてきました。)
ヘリから釣り人垂涎の「イナンバ島」も見えましたが、御蔵島から35kmも離れていますので、さすがに写真には写りませんでした。(写真はおなじみ「三本岳」です)

画像

さて、この魚。南房総の某船長は「アディダスな鯛」と呼びます。尾柄の三本線が特徴的な「ニザダイ」です。
この三本線のため「サンノジ(三の字)」と呼ばれます。時々4本線のやつもいますが、「ヨンノジ」とは言いません。
(昔、若かりし徳光さんが、デストロイヤーによく掛けられていたなぁ。「四の字固め」)

ちなみに「ニノジ」となると、別の魚です。
画像

これがニノジと呼ばれる「ゴマテングハギモドキ」です。
持っているのが、40時間近くも乗るくらい、サルビア丸が大好きな同僚です(笑)

次回は、このニザダイの「悲劇」「不思議」「習性」について紹介します。

釣り魚として、非常に優れた魚なのに、その扱いは悲劇そのもの。
蔑んで「さん公」と呼ぶ人が多いのですが、せめて「さんちゃん」と呼んであげて下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アディダスのアウトレット通販
町田アウトレット【グランベリーモール】です。グランベリーモールの情報と楽天通販を紹介しています。よかったら遊びに来てください。ご迷惑でしたら、お手数ですが削除お願いします。 ...続きを見る
町田アウトレット【グランベリーモール】
2011/03/19 08:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっとだけアディダス魚 のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる