のんびり釣ろうよ三宅島

アクセスカウンタ

zoom RSS 老人と豚と牛のお話☆

<<   作成日時 : 2011/02/19 22:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

皆さん、こんばんは。
本日は「北東の風」です。この風の場合、風裏で釣りやすい阿古方面の磯が混雑します。混雑が嫌いな夢釣人は、午後から島を右回り!ところが、思いのほか波が高く、好きな磯がことごとく波を被っていました。
ようやく探した場所は、テーブル珊瑚で有名な「富賀浜(とがはま)」の横の磯。
救命浮環常備の場所です。

画像

ここは、「間鼻」という有名なポイント!釣り人の大きさから見て、高さ10m以上の絶壁です。

なぜここを選んだか?答えは3つ!
@ 50cm級も抜きあげるという記事の実演、A 「安い竿」でも通用することの実演、B 夕方の景色が素敵!
画像

画像

使った竿は庶民価格の「リバティクラブ3号」・・・ゲスト用に所有している竿で、6千円ほどで買いました。これで十分ふかせ釣りができます。正面に三本岳を望みます。

画像

もうすぐ日没。この景色を見たかったんです。一人で感動(笑)
・・・?・・・?全然釣れる気配なし。餌も取られません。隣で沖目を狙っていたおじさんは、カモメを釣っちゃって、外すのが大変そうでした。カモメが近くに来たら、すぐに仕掛けを上げないとだめですよ。

ほぼ、真っ暗になってから、待望の大きな当たり!シナリオ通りです。

やがて海面に浮いた50cm近い尾長メジナをカツオの一本釣りのように「エイッ!」
ははは。ダメでした。抜きあげきれずに、魚は再び海に(笑) そのショックで、5号のハリスが切れました。
シナリオ書き換えです。ただ、竿には余裕がありました。自分が力不足なだけです。

帰ろう。ブログでどう言い訳しようかな。
・・・もう1回だけやってみていい?いいよ。・・・怪しい自問自答です。

すぐに、再度の大物が掛りました。先ほどの尾長メジナほど引かず、素直に寄って来ましたが、かなりの重量です。もう失敗はできません。今度は体育会系で「ドリャ〜ッ!」・・・また失敗です。いくら何でも重すぎます。
再度、鬼の形相で「ドリャ〜ッ!」

やっと釣れました。エース登場です。
「スカエース」、正式には「オキナメジナ」といいます。三宅島では、その風貌から「ブタメジナ」とも呼ばれます。「ウシグレ」と呼ぶ地方もあります。
いずれにしても、「翁(老人)」「豚」「牛」ですから、果たして喜んでいいのかな?
画像

本当に、釣れてきてくれてありがとう。実は、とても貴重なメジナなんです。
味の評価は低いのですが、八丈島でご馳走になった際、とても美味しかったので、持ち帰ってポワレにでもしてみましょう。
46cm、2キロ。10mから抜きあげるには重すぎました。

次回は、秘密兵器を持ってリベンジ・・・できるかな(笑)

↓使った竿は本当に強かったんです。今も6千円くらいで買えますね。超オススメです。

●ダイワ リバティクラブ 磯風 3号-53
釣具のバスメイトインフィニティ
LIBERTY CLUBみんなのいい笑顔を見たいから釣りの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい。


楽天市場 by ●ダイワ リバティクラブ 磯風 3号-53 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
老人と豚と牛のお話☆ のんびり釣ろうよ三宅島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる